欧米人のアルコール処理能力

ここのところ、毎日ちょっとずつ、ドイツで買ってきたドイツドラマのDVDを見ている。
今気に入って見ているのは、バイエルンのToelzという小さい街を舞台にした刑事物。
それを見ていて、なんか気になるのが、警官の飲酒。
昼間のランチの時にビールを飲んでもOKって感じなんだよね。
で、なんとなく、その後、パトカーを運転する場合もあるような、、。
まあ、フィクションなんだけど、実際はどうなんだろう?
ミュンヘンで昼間から、一般人がビールを飲んでるのはごくごく当たり前の風景だったけど。
警察の人はどうだったのかな?
そういえば、イギリスの刑事物、モース主任警部でも、車で捜査に行って、署に帰る途中にパブに寄るってのも、ごくごくありふれたシーンだった気がする。
欧米人って、ビールを飲んでも、そんなに酔っぱらわないのかなあ。
アルコール処理能力が、一般的に日本人より高いのかな?
なんて、主題とは関係ないところでちょっとした引っかかりを感じたりした。
ちなみに、ドラマの中身はなかなか面白いです。