レバーケーゼと山羊のチーズ


今日は、昨日松屋のシャルキュトリー コダマで買ったレバーケーゼを焼いて、目玉焼き&ほうれん草を添える黄金のトリオにしてみた。
昨日は、シャルキュトリー コダマ、結構混み合っていた。売りのイベリコ豚の生ハムを大人買いしている老夫婦なんかもいて、ちょっとびっくり。合計金額はなかなかのものになっていたようだ。
イベリコ豚のベーコンっていうのも売っていて、試食に人が群がっていたけど(私ももちろん一かけいただきました)、すごく美味だった。ただお値段が100グラム1200円くらいしていて、とても手が出なかったけど、、。
レバーケーゼで十分美味しいもんね〜、と言いつつ、レバーケーゼのみ購入して退散した。
いろいろメディアにも載ったみたいで、この頃ちょっと人気のシャルキュトリーコダマ。良い傾向だ。これで店が長持ちしてくれたら、私としては文句ない。

それから、やっぱり銀座のチーズ屋さんアロマッシモで買った、羊のチーズを切ってみた。
写真のように、葉につつまれていて、少し葉っぱの香りがついている。日本の朴葉味噌みたいなもん?とか思いつつ、いただいた。
山羊のチーズらしく、結構香りがきつい〜、と思ったけど、味はすごくまろやかで美味しかった。
山羊チーズの香りくらいまでは大丈夫なんだけど、ウォッシュのきつい匂いはちょっと苦手。
もしかして美味しいのもあるかも??と思うんだけれど、なかなか挑戦できないなあ。