宅急便に唖然!


土曜日、不在の時に、宅配ボックスに宅急便が届けられていた。夜、宅配ボックスにその荷物を取りに行って、包みを開けてみたら、、唖然!なんと、中から出てきた本が、この写真のような状態だった。本のケースがぼろぼろに破れちゃってる。いったいなんでこんなことに??慌てて、外側の包みを確認。するとそこで、おかしな事に気づいた。包みは、宅急便と書かれた茶封筒なんだけど、これ、明らかに詰め替えられてる。もともとの伝票が貼ってあった厚紙の封筒?を切り取って、宅急便の茶封筒に貼り付け直している。ってことは、どう考えても宅急便の仕分け途中に荷物を破損し、勝手に外側の包みをはずして、自分の会社の袋に入れ直して伝票も貼り直し、素知らぬ顔で配達して、一言もなく帰ったってこと??
その事実に気づいた私。めちゃめちゃ腹が立った。預かった荷物を破損しただけでなく、それを知らんふりして、黙って配達して帰ったって事でしょ。信じられない。日本の会社と思えないそのずさんさ。どういうこと!!
それで、今日、ヤマト運輸に電話をして、証拠の品と外封筒を取りに来てもらった。ドライバーさんはすごくあやまってくれていたけど、ドライバーさんが気づかずに配ったのはしょうがないことだと思う。どこか途中で、機械か何かにはさんで破損したのに、知らんふりして勝手に詰め替えて伝票を貼り直した人が悪いのだから。それにしても、そんな事してばれないとでも思っていたんだろうか、、。なんだか納得いかない。
とりあえず、ヤマト運輸で、同じ本を買い直して再配達してくれるということと、今回の件についての調査を約束してくれた。まあ、こちらとしては、代品をちゃんともらえればそれでいいんだけど。ただ、会社の信用に関わる問題なんだから、調査もちゃんとしてほしいな、と思う。日本の会社がこんな事するなんて、正直信じられなかったよ。