ツール・ド・フランス最終ステージ


今年のツール・ド・フランス。久しぶりにものすごくわくわくして見れた。ここ数年、好きな選手が活躍するってこともなかったし。去年はランス・アームストロングが久しぶりの復帰だったので、毎ステージ見てたけど、コンタドールが強すぎてなんかつまんない、、と思っていた。でも今年は、私が応援するアンディ・シュレックがすごく成長して、コンタドールと大接戦。手に汗握る勝負が続いたので、すごく楽しめた。昨日、タイムトライアルが終わってコンタドールの優勝が決まった時、残念だったけど、表彰台で涙をぼろぼろ流していたコンタドールの姿にはやっぱり感動しちゃった。今年はそれだけ接戦だったんだよなあ。

アンディって爽やか系イケメンなんだよね。お兄ちゃんのフランクも男前だし。見てて楽しい。(不純な動機?)ヨーロッパの女子にもすごい人気みたいで、ホテルの周りにはいつも追っかけの女の子たちがいるとか。
うちの旦那は、そのイケメンっぷりが嫌いらしい。「アンディが人気あるのって、結局顔がいいからやろ。なんか気に入らん。だから僕はコンタドールの方応援しようっと。」だって。ルックスが大好きでシャラポワを応援してるくせに、、。そんな自分は棚に上げるわけね。
新城選手も見事に完走。最後のステージでは、かなりカメラにも映してもらっていた。フランスのレースなんかで、日本人の若手が活躍し始めたりしてるみたいだし。もっと日本人選手がたくさん出てくる日も近いかも?