あまちゃん&まめぶ汁

あまちゃん、東京編になってからいまひとつ、、と思っていたけど、ここへ来てやっぱり面白くなってきた。キョンキョン薬師丸ひろ子の対決シーンなんて最高だったしね。
メンバーとしては北三陸のメンバーが好きなんだけどね。渡辺えり(2007年に渡辺えり子から渡辺えりに改名してるんだね。知らなかった。)を見ると、遠い昔、大学時代、友達と遊びに来た渋谷のカフェで、実物渡辺えりに会った日のこと、今でも思い出す。30年前なんだけどね、今とそんなに変わらない気がするのよねえ。渡辺えり、ある意味年取らないなあ、、って思う。その頃はまだ渡辺えり子の事よく知らなくて、劇団3○○の人よね、確か、と思った程度。テレビにはまだ全然出てなかったし。東京出身の友達が、「3○○の渡辺えり子だ!」って騒いでたので、そっか〜、、とわかった程度。劇団3○○が売れ始めてた時期で、確かその頃岸田戯曲賞取ってて。今思うと、あの頃はよく芝居を見に行ったよなあ。私は夢の遊民社が大好きだった。そとばこまちも結構好きだった。そとばこまちの槍魔栗三助が、生瀬勝久になって、あそこまで有名になるとは、芝居見に行ってた頃には夢にも思わなかったけど。新感線はあんまり見に行ったことなかったんだけど、見に行っておけばよかったなあと思う。渡辺いっけい古田新太筧利夫、みんな大活躍してるんだもんね。
それはともかく、あまちゃんのあと2ヶ月の展開がすごく楽しみ。震災の時に北三陸の誰かが亡くなってしまうんじゃ、、と心配してる人も多いけど、私は誰も亡くならないんじゃないかと思ってる。舞台の久慈市って、もちろんいろいろ被害は大きかったけど、人的な被害については他の土地ほど多くなかったのよね。死者行方不明あわせて4人だから。メインの人が誰も亡くならなくても、別に不自然ではないと思う。海女カフェなんかは海から近いから物的な被害は大きいと思うけど。
ま、そんな事まで考えちゃうくらいはまってるあまちゃんなんだけど、どうしても食べてみたかったものがあった。それはまめぶ汁。上野であんべちゃんの屋台が出てればそこで食べるんだけど、そうもいかないので、自分で作ってみることに。そう、我が家の近くには、岩手銀河プラザ(岩手県アンテナショップ)という強い味方があるのさ。

岩手銀河プラザに立ち寄ると、やっぱり予想通り、あまちゃん特設コーナーがあった。海女Tシャツとか、磯汁の缶詰とかいろいろ売ってる。そして、冷凍コーナーにあった、冷凍まめぶを発見して無事ゲット!まめぶさえあれば、汁はレシピ見て適当に作れるしね。ってことで。

本当のレシピではごぼうが入るみたいだけど、ま、そこは有り物の野菜で。大根、にんじん、椎茸、ししとうなんかをいれてみた。凍り豆腐の代わりに、高野豆腐。それとうすあげ。だしは煮干しで取るのが本当みたいなんだけど、“おばんざいのもと”を使った。(紙パックに細かくしたかつおぶしやこんぶなんかがはいってて便利なだし)それと、めんつゆで味を調整。最初に大根とにんじんをいれ、その後に他の野菜や高野豆腐といれて、柔らかくなったところで、冷凍まめぶを投入。冷凍まめぶが浮いてきたところでできあがり。

まめぶって、中にくるみと黒砂糖が入ってるらしく、確かに香ばしくてちょっと甘い。でも甘ったるい感はなく、ちょっと甘いな、くらいな感じ。だからしょっぱい汁と良いあんばいでバランスがとれて美味しい。あんべちゃんのやっていた通り、七味もしっかりかけた。

旦那には「これってただの団子汁じゃ??」と言われたけど、「団子じゃない!!まめぶ!!」と主張しつつ食べた。うんまい。やっぱまめぶ気に入ったわ〜。冷凍二袋買ってきたからまた作ろうっと。まめぶって確かにちょっと団子っぽいので、食べ過ぎるとおなかいっぱいになっちゃうので、そこは加減が必要だね。美味しいからって食べ過ぎ注意。でも美味しいな。

翌日はお昼のお弁当にまで持って行った。まめぶ汁、美味しい。あんべちゃん、上野で売ってくれないかな〜。