春は旅立ちの季節


3月といえば、旅立ちの季節。職場でも、卒業式や、大学院生の修了式が行われていた。卒業生は、ちょうど4年前、入学式が東日本大震災で中止になっちゃったから気の毒だったよね。その分、卒業式が思い出深いものになっただろうな。卒業式も修了式も、家族総出でお祝いに来ているのがほほえましい。入りきれない家族のための控え室もあって、そこにはスクリーンで卒業式が中継されたりするらしい。まあ、大学の卒業式、大学院の修了式、どれもその時限りの思い出になるんだもんね。

大学院の修了式は、こんな角帽とマントを着用するらしいんだけど、これ、レンタルが1万円で買い取りは3万円だそう。高いな〜。そんなもんなの?確かに結婚式の衣装とかも、レンタルでもめちゃめちゃ高いから、修了式のマントも相場なんだろうか。それにしてもね、、高いかも。でも、一生の思い出だし、って親御さんの財布のひももゆるんでるんだろう。
話相手だった研究室の学生君たちも修了して旅立っていってしまい、寂しいなあ。新入生とは、また一から人間関係を構築していかなくちゃ。大変だな。まあぼちぼち顔を覚えるところから頑張っていかねば。