Farewell Party

この4月から6月まで、3ヶ月の任期で、偉〜い外国人客員教授がいらっしゃっていた。その先生のお世話係をやらされていて、ちょっと大変だったんだけど、ようやくその先生の任期も無事終了。ふ〜。ちょっと気難しい先生?って噂でびびっていたんだけど。なにしろ偉い先生だし。でも、少なくとも秘書には優しい先生だった。よかった。ま、秘書にはそれほどの事を望んでおられなかったのでしょうね。

最終日の30日、わざわざ部屋まで来て、いろいろありがとうってお礼を言いつつこんなクッキーをくださったからビックリ。そんな気遣いをしてくださる方だったんだ。さすがアメリカで出世する教授は、ポイント押さえてるわ。笑
その先生の送別パーティのあれこれ準備を任されて。なんだかんだとバタバタ準備していたんだけど。どうにか形になってよかった。

近所のお花屋さんで花束をお願いしたんだけど、届いた花束がすごくきれいでかなりテンション上がった。これで3240円ならなかなか良いんじゃないかな?
花束贈呈係をやらされたんだけど、そういうのって、本当はもうちょっと若い女性がやるもんだよねえ。他に女性がいないもんだから、まあしょうがないです。ちょっと恥ずかしいけど、ちゃんと花束お渡しできて良かった。
ふ〜。これで今年度前半の大きな仕事が1個終了?かな。ホッと一息。